戸籍謄本取り寄せに困っていませんか?戸籍謄本の取り寄せと相続人の調査確定が同時に完了できる
戸籍謄本と相続人の関係
相続に必要な戸籍取り寄せ
相続人とは
相続人はどう決まる?
相続人の範囲
戸籍上、本当に1人?
相続関係説明図とは
戸籍謄本等の取り寄せ方
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
相続人が未成年者の時
相続人が行方不明の時
借金が多い時の選択肢
相続放棄の仕方
当サイトご利用について
サイトマップ
当行政書士事務所概要
免責事項
特定商取引に基づく表示
戸籍謄本の取り寄せ代行
お申込みについて
お申込み前の注意事項
代行お申込みはこちら
  相続人とは
人が死亡すると、死亡した時にその人が持っている全ての財産及び権利と義務は、当然に配偶者や子供などに引き継がれます。

つまり、死亡した時に、何の相続手続きをしてなくても、財産も借金なども引き継いでいる状態である事を意味します。

これは、法律上も当然とされております。
そして、法律上、死亡した人のことを被相続人と呼び、財産などを引き継ぐ人を相続人と呼びます。


そして、不動産(土地や建物)の登記の名義を変えたり、預貯金の名義を変えたり、払い戻したりできるのは、戸籍上、相続人である事が証明された相続人ができるのです。


つまり、相続手続きでは、何をおいても戸籍謄本類の取り寄せがまず必要となるのです。

また、相続人とは少し異なりますが、同じ様なものに受遺者というのがあります。


遺言によって、財産を無償で受け取る相続人でない人を受遺者といいます。

例えば、婚姻はしていないけれど、長年世話をしてくれた人に、財産を分けたいといった時に、遺言書に書いておくと、分け与えることが可能となります。

戸籍謄本を簡単に取り寄せして、相続手続をスムーズに進めるその方法とは?
〜自宅に居ながら 戸籍謄本の取り寄せと、相続人の調査確定が同時完了!〜
戸籍謄本 取り寄せ(トップページ)

ページ 内 容 一 覧
戸籍謄本と相続人の関係
相続に必要な戸籍取り寄せ相続人とは相続人はどう決まる?相続人の範囲戸籍上、相続人は本当に1人?相続関係説明図とは戸籍謄本等の取り寄せ方
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ相続人が未成年者の時相続人が行方不明の時借金が多い時の選択肢相続放棄の仕方
当サイトご利用について
サイトマップ当行政書士事務所概要免責事項特定商取引に関する法律に基づく表示
戸籍謄本取り寄せと相続人の調査確定の代行 お申込みについて
お申込み前の注意事項郵便振替によるお支払方法銀行振込によるお支払方法イーバンク銀行によるお支払方法
戸籍謄本の取り寄せと相続人の調査確定の代行 お申し込み
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
戸籍謄本取り寄せに困っていませんか?
Copyright(C)2005自宅に居ながら戸籍謄本の取り寄せと相続人の調査確定が完了allrightsReserved